プロフィール

Author:KIKI189
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調査捕鯨船団、早期帰港の本当の理由

とうとう、今期の南極海での捕鯨を打ち切りとの発表が農水大臣からでました。
「シーシェパードの妨害が原因」といっていますが、実は、別の理由があるのだとか。
この記事を読むと、うーん、、、と考えさせられます。


<グリーンピースのHPより>
調査捕鯨船団、早期帰港の本当の理由
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/33371

こんにちは、事務局長の佐藤です。

本日、日本政府は調査捕鯨を中断し、捕鯨船団を日本に帰港させると正式に発表しました。政府はその理由を妨害活動としていますが、本当にそれだけが理由なのでしょうか?

内部告発者が語った早期帰港の本当の理由


私たちは、昨年12月の時点である内部通報者から「今年は調査捕鯨船の帰港を早めるようだ」という情報を入手し、そのことを記者発表していました。当時、内部告発者が語った早期帰港の真の理由は「消費の低迷が引き起こしたクジラ肉在庫の増加による生産調整」です。

増えるクジラ肉在庫

最新の水産物流通統計によると、昨年12月末のクジラ肉在庫が5093トン、12月としてははじめて5000トンを超えました。2009年12月末で4246トン、2008年 12月末で3096トンですから、毎年平均して1000トンほど在庫が増えていることになります。5000トンという在庫は、調査捕鯨が捕獲対象としているミンククジラの約1250頭分に値します。また、過去2年間の南極海でのクジラ肉捕獲量が約4735トンですから、2シーズン以上分もの在庫が冷凍倉庫に眠っていることになります。

つまり、調査捕鯨船団が南極から大量のクジラ肉を持ち帰ると、在庫がさらに増え経営に深刻な影響を及ぼしかねないというのです。

鯨研の経営状況

調査捕鯨は、水産庁からの補助金約9億円(私たちの税金です)とクジラ肉を販売した売上である約65億円をその主たる収益として、財団法人日本鯨類研究所(鯨研)が実施しています(平成20年度の鯨研事業報告書より)。つまり、補助金の削減や、クジラ肉の販売不振といったことが起これば、鯨研はその影響を強く受けるのです。

鯨研の理事長である藤瀬良弘氏は、水産経済新聞紙のインタビューに対して、「これまでのように調査の副産物の収益で調査捕鯨を賄うという計画では、基本的なムリが生じてくるだろう。なぜならば、調査を行うためには、ある程度経費をかけてやらなければならないからだ」(日刊水産経済新聞2010年12 月27日)とコメントし、さらに捕鯨船の運航会社である共同船舶株式会社(共同船舶)の社長である山村和夫氏も、「前期は年間販売額が30%落ち込んだため、運営上、変革を余儀なくされた」とコメント(みなと新聞、2011年1月24日)しています。

この研究所の平成20年度事業報告書によると、収益面では平成19年度は約3億2800万円の赤字、平成20年度では約1億6400万円の赤字となっていました。貸借対照表を見てみると、企業会計で資本を示す正味財産は平成20年度末では7億5000万円程度まで減少し、自己資本比率は11.7%程度まで悪化しています。

これから先、年間1億5000万円程度の赤字決算を続け、外部からの資金注入が無いとして単純に計算すれば、あと5年で債務超過、つまり研究所の経営破たんを迎えることになります。

このようなことからも、クジラ肉の販売不振による鯨研と共同船舶の経営状況が悪化していることが伺えます。

突然、天下り人事がなくなる

鯨研や共同船舶の経営状況の悪化も顕著ですが、調査捕鯨を固持してきた人々や団体にも変化がみられているようです。

まず、鯨研の天下り人事が、昨年の12月に消滅しました。これまで鯨研の歴史の中で、官庁出身の元役人が理事にいなかったことはありません。ところが、昨年11月30日付の役員名簿によると、伝統的に水産庁役人の指定席であった理事長のポストをはじめとし、すべてのポストから元官僚が姿を消します。

日本捕鯨協会にも変化

日本の捕鯨推進の舵を握っていた日本捕鯨協会ですが、この協会にも大きな変化がありました。捕鯨推進の重鎮として長年、日本捕鯨協会の会長を務めてきた中島氏が昨年引退したのです。後任は、共同船舶社長が兼務するということで、活動の縮小も決定しています(みなと新聞、2011年1月24日)。

水産庁の変化

調査捕鯨の監督官庁である水産庁にも変化が起きています。昨年の12月22日、記者会見を開いた水産庁は、私たちグリーンピースが指摘した水産庁職員のクジラ肉不正受け取りについて、その事実を認め謝罪するとともに、5人の職員を懲戒処分としたのです。さらにその監督責任を問われたのが水産庁次長で捕鯨問題でも海外との交渉を行っていた山下潤氏でした。山下氏も1月11日付で、水産庁を退職しています。

調査捕鯨にNOは日本人の声

これまで毎年5億円から9億円の補助金が、1987年から20年以上も毎年チェックもなく調査捕鯨という事業につぎ込まれてきました。これがひも付き補助金、官僚の天下り、クジラ肉の不正受け取りなどにみられる利権の原因でしょう。

調査捕鯨が厳しい状況に陥っているのは、海外からのプレッシャーだけではありません。それは私たち日本人がクジラを食べなくなったこと、つまり私たちの生活が調査捕鯨に終止符を打とうとしているのです。

<記事ここまで>


世界から非難されながら、これだけ税金をつぎ込んで、サステイナブル(持続可能)じゃない捕獲をするのには、やはり、無理があるとしかいえないのではないでしょうか。

政府の見解や政治的、また経済的な面もあるのでしょうが、このブログとしては、何よりも、このことが何十年も生きる哺乳類のクジラたちの保護することにつながること、そして、クジラは私たちの海には必要不可欠な存在だということ、彼らが絶滅してしまうと、海のエコシステムが崩壊し、私たち人間だって危機に面する(もうすでに面しているのだけれども、それがさらに悪化する)、、、その意識を少しでも多くの人に認識してもらうこと、それが大切だということを強調したいです。


真のイルカを知れるイルカウォッチングツアーはここ。

これまでいくつかのイルカウォッチングツアーに参加してきましたが、私は 静岡県伊東にある富戸港の石井泉さんのところがお気に入りです。
ここは、比較的東京から近く、電車で3時間弱。日帰りしようと思えばできるけれども、できれば、近所の温泉宿に泊まってゆっくりしながらというのもいいものです。

富戸の石井さんのウォッチングがお勧めな理由はいくつかありますが、中でも一番の理由は、イルカたちの生態を考えて、イルカたちの邪魔をしないという配慮があることです。

以前、夏にお邪魔したときは、ハナゴンドウの群れにたくさん会いました。
ハナゴンドウはとても人なつくて温和な性格なのですが、このときは、子育てのシーズンで、お母さんは赤ちゃんを守るため、ちょっと神経質になっているようでした。

石井さんは「子育て中だから、あまりイルカに近づかないよ~」といい、ずっと距離を置いて船を走らせてくれましたが、その配慮が私たちにはとても心地よく、みんな「は~い!」といって、遠くから微笑ましくハナゴンドウの群れを見ていたのです。

そのうちに、トビウオが飛んだり、ハンマーヘッドシャークが現れたりして、イルカだけでない、海の自然の生き物たちを観察することに楽しみを覚えました。

こんな風に、イルカウォッチングといっても、イルカだけ見なくてもいいのです。海鳥がいたり、魚がいたり、それを沖に出て、潮風を頬に受けながら観察できることがウォッチングの醍醐味だと思うのです。

と思ったら、案の定、イルカだけでなく、バードウォッチングの人も海鳥を見るために、石井さんのウォッチングに来るそうです。

彼らが、イルカの群れを見ることがあれば、一体どう感じるでしょうか。
きっと、鳥もイルカも同じ生き物として、興味深くみてくれるんじゃないかと思うのですが。。。
どうでしょう。

光海丸
http://kohkaimaru.com/

石井さんのブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/kohkaimaru/diary/201102120000/

韓国、イルカ産業に着目か

日本では、こんなに和歌山県・太地で騒がれているにも関わらず、韓国では、これからイルカを飼育する設備を建設するとのことです。

このニュースで敢えてうなづけるのは、最後の部分、
「誤って網にかかったり打ち上げられたイルカの救急医療、保護施設としても、この飼育施設を活用する」
くらいです。

でも、考えてみたら、これにしても、保護した後、見世物としてこのまま施設で飼われてしまうことになるのでしょうか。

イルカは大海原を時速数十キロで泳いで移動する動物です。

塩酸のたっぷり入った小さなプールに閉じ込められて、狭いところをぐるぐる回るだけの余生を送らなければならないのは、悲しいことです。

そんなイルカたちに「触れ合った」ところで、果たして人は本当に癒されるのでしょうか。


■韓国初のイルカ飼育場を建設へ…蔚山・長生浦
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/02/11/0200000000AJP20110211001100882.HTML
【蔚山11日聯合ニュース】かつて捕鯨が行われていた韓国のクジラの里、蔚山の長生浦に、野生のイルカを飼育し人に慣れさせる「馴致」施設が韓国で初めて建設される。

蔚山市南区は11日、長生浦の「クジラ生態体験館」の前、3500平方メートルの広さの土地に、横20メートル、縦30メートル、深さ3メートルの飼育施設を建設すると明らかにした。9億5000万ウォン(約7000万円)の予算を投じ、今月末に着工、年内の完工を予定している。

飼育するイルカは、同施設の近くに位置するクジラ研究所が東海(日本名:日本海)で捕獲する予定だ。クジラ研究所はことし政府から約200頭の研究用イルカ捕獲許可を得ている。

現在、施設を備えイルカを飼育しているのは、世界でも日本の和歌山県太地町だけ。太地町では飼育したイルカやシャチを世界に観賞用として販売している。蔚山市南区も、2009年にクジラ生態体験館の水族館で飼育するイルカ5頭を、太地町から1頭当たり約7000万ウォン(約520万円)で購入した。

南区関係者は、日本では1頭に300万ウォンほどをかけイルカを捕獲し、3~4カ月間の馴致訓練を経て世界の水族館に販売しており、イルカ飼育産業で高い収益を得ていると説明。イルカ資源が豊かな韓国も、高付加価値を持つイルカ飼育産業に目を向ける必要があると話した。

南区は、誤って網にかかったり打ち上げられたイルカの救急医療、保護施設としても、この飼育施設を活用する方針だ。

シーシェパードによる妨害で、日本・調査捕鯨の中止検討

これは初めてのことです。
これまで幾度もシーシェパードの妨害行為を受けながら、期間半ばで日本が調査捕鯨を中止するのは初めてです。
今の世界的な捕鯨反対の波を受けて、日本政府も少し弱気になってきたのでしょうか。

それにしても、国民の税金を使ってまで、在庫の有り余っている鯨肉を「調査捕鯨」と称して捕りにいくことはありません。(参考サイト:クジラ肉在庫が過去最大レベルに、グリーンピースHPより)

シーシェパードの執拗なやり方に諸手を挙げて賛成とは言えませんが、今回のことが絶滅危機にあるクジラを守ることにつながるのかどうか、今後を注目していきたいと思います。

■今季の調査捕鯨、中止検討…反捕鯨団体の妨害で
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110216-OYT1T01106.htm

南極海で、調査捕鯨船が反捕鯨団体「シー・シェパード」の妨害を受けている問題で、農林水産省は16日、3月中旬まで予定していた今季の調査捕鯨を中止し、船団を早期に帰国させる検討を始めた。

中止すれば、2005年からシー・シェパードの妨害が始まって以来、初めてとなる。

同省によると、シー・シェパードの抗議船は今月9日、船団の母船「日新丸」に対し、ロープをスクリューに絡ませようとしたり、発煙筒を投げ込んだりする妨害を実施。11日にもレーザー光線を照射する妨害を行ったという。

日新丸は抗議船を振り切って逃げようとしたが、速度が遅いために失敗。現在も抗議船の追尾が続いており、9日以降、鯨を捕獲できない状況が続いている。今季の妨害は1月初旬に始まったが、日新丸以外の僚船への妨害だったため、捕鯨が続けられた。しかし、母船である日新丸は鯨を捕獲するため、運用できなければ捕鯨はできないという。
(2011年2月17日03時04分 読売新聞)

おすすめの一冊 『ワールド・イズ・ブルー』

海洋環境について学ぶのに、素晴らしい一冊があります。

このブログのタイトルのきっかけとなった本なのですが、タイトルは『ワールド・イズ・ブルー』(シルビア・アール著/ナショナル・ジオグラフィック)です。

実はこのブログのKIKI'S BLUE の BLUE は、この本がヒントになりました。
青い海を守りたい、そのためにいろんな情報を発信したいと考えるようになったのも、この本の影響が大きくあります。私にとっては、陸の緑についてのバイブルがレイチェル・カーソンであれば、海の青のバイブルはシルビア・アールです。

さて、この本では、海洋環境、水質汚染、プラスチックのごみの島、魚介類の乱獲、海洋哺乳類の乱獲・保護など、私たちの海が直面している問題点をさまざまな点からとらえています。

同著の中で彼女は、

「人間社会の活動は、あらゆる種類の無数の生物に支えられている」

「コミュニティや国や文明が存続するには、まず豊かな環境を見つけることも有効だが、最も大切なのは人々がどのようにして生きていくかであり、なかでも、すべての生命を支えている自然のシステムをどのように維持していくかが重要なのだ」

と言っています。

私たち人間が地球上で健全な生活を送りたいのであれば、人間が自然界の一員であることを認識し、行動を選択しなければならなりません。
そして、その行動は、自然と融合したもので、それこそがサステナビリティ(持続可能)へと繋がるのです。

海の自然環境も、もう待ったなしのところまで脅かされています。

今、私たち人間がいかに自然を破壊し、海の生き物の生活を脅かしているのか、それを理解することのできる秀逸の一冊です。

『イルカを海のシンボルに』運動にご協力ください。

静岡県伊東市の漁港、富戸でイルカウォッチングを営んでいる漁師さんがいます。
光海丸(http://kohkaimaru.com/)の船長、石井泉さんです。
石井さんは、よく、こう言います。

「イルカやクジラたちは海の大使なんですよ」―――と。

イルカやクジラは海の中でとても長く生きます。たいてい、30~40年は生きます。寿命の長い種類になると、100歳を超えるものもいます。
彼らは人間と同じルーツを持っていると言われています。つまり、もともと人間とイルカたちは同じグループだったのですが、進化の過程でイルカ達は海に戻っていったのだと言われています。
そんなイルカ達は、何万年も経た今でも、私たちが同じ仲間だということを覚えているのでしょうか。
彼らはとても人なつっこく、決して人を襲ったりしないといいます。
そして、1日何十キロもジャンプしながら大海原を泳いでいくのです。
また、石井さんには、イルカたちに助けられた経験も数多くあるといいます。

そんなイルカたちを海のシンボルにしようと、石井さんは提案しています。

イルカたちは人間にとって、大切な友達です。そんなイルカたちが平和に暮らせる自然界にできるよう、私たち人間は考えなければなりません。

『イルカを海のシンボルに』運動にご協力ください。
具体的に何をすればいいのかって?
まずは、イルカのことを知り、そしてイルカのことを周りに知らせることから始めるのはどうでしょうか?

KIKI's BLUEへようこそ

はじめまして。

このブログの管理人 キキ です。

これから、海と海の環境のことについて、情報の発信をしていきます。

地球の7割は海で覆われています。ところが、その海の中で行われていることについて、私たちはあまりにも知らないままでいます。海の表面は美しく、時には青く澄み、光輝いていますが、その下では多くの問題を抱えています。
汚染による水質の悪化や人間による乱獲など、その要因はさまざまですが、そのために犠牲になっているのは海の生き物たちです。現在、多くの生き物が絶滅の危機に瀕しています。
まさに、水面下で起こっていることなのです。

私たち人間は、もっと自然や海とどうやって共存していくのかを考えていかなくてはなりません。
そのためにも、ひとりでも多くの人に、今、地球がおかれている環境について、お知らせしていきたいと思っています。

ここで、私の紹介をいたします。
タイトルにもある キキ というのは私のニックネームです。
このニックネームにはいろいろな意味が含まれています。
「嬉々」と喜び、また、「危機」感をもって物事を感じ、また、『魔女の宅急便』に出て来る主人公、キキのように、多くの人にメッセージを伝えていける役割を担えたらと思っているのです。あんなに可愛い女の子と一緒にするのは、ちょっとずうずうしいですけどね。

このブログが、少しでも、これからの海や自然や動物たちと、私たち人間がどう共存していくべきなのか、そのことを考えるきっかけになれるような、情報提供の場にしていきます。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。